雅峰生の手紙

私が妻や友人に宛てて書いた郵便から

手紙の過去分は順次当サイトから削除して『断章』としてまとめ、
『小説家になろう』に掲載後、 Kindle で電子書籍化しています

5439

その人の価値観に迫る様な問い掛けをしてみて下さい。多分多くの人は、
「何故そんな事を問うのですか?」
という顔色を浮かべるでしょう。私の経験です。私はそんな体験を重ねて来た人間なのです。何故か『議論が噛み合った』とでもいった様な手応えがあった事を記憶していないのです。
これも実は『面白い事』なのです。私と世間とのズレ。しかしいつしか私はそんなものを気にしない様になりました。理由は簡単。そんなもの、ズレてない訳が無いからです。ズレているので正解、それで善いからです。