雅峰生の手紙

私が妻や友人に宛てて書いた郵便から

手紙の過去分は順次当サイトから削除して『断章』としてまとめ、
『小説家になろう』に掲載後、 Kindle で電子書籍化しています

5441

長い道程(みちのり)を歩くのです。貫いて変わる事の無い希望無しに、どうして喜びをもって生きる事が出来るでしょうか。普通に考えてそうでしょう。
「ああ、長く働いて生きて来た」
この述懐の背後に、人によって何(ど)れ程大きな差が在る事でしょう。想像するに余ります。どうか、自分が喜びをもって生きて行けるだけの目標を見出して下さい。他のものではなく、それを探す事にこそ必死になって下さい。私は他人にこれを言う資格の無い者かも知れません。私のそれは、最初から私に与えられていたのですから。でも、私が他人に言いたい事というのは結局いつもこれなのです。矢張これは他の事よりも大事なのです。